カラダを支えるニクいヤツ 骨が強いってどういうこと?

「小魚を食べないと、骨が強い子になれないわよ!」。幼少時代に刷り込まれたカルシウム神話。でもコレが本当なら、確実にいまの自分の骨はヤバイ! と、そこに大阪で骨の強度を正確に測る装置が開発されたとの情報を入手。ぜひ測ってみたい! と大阪大学大学院工学研究科の中野貴由教授にアピールすると、「麻酔をして骨をとるので後が痛いですよ。100%後悔します」とのお答えが。ゲッ、お話だけで結構です…。で、骨の強度にカルシウムは関係あるんですか?

「関係なくはないですよ。骨とは、主に軟らかい繊維物質“コラーゲン”と硬い物質“アパタイト”でできています。アパタイトを構成するのは、主にカルシウムですから」

なるほど…。じゃあ、そもそも骨が強いってどういうことなんですか?

「骨の強度は、骨密度と骨質によります。骨密度はアパタイトの量、骨質はアパタイトの整列状況などで決まります。つまり、適度にカルシウムを摂ればアパタイトが増え、骨密度は上がりますが…」(同)

骨質は上がらない、と。でも、骨質を左右するアパタイトの整列っていったい…。

中野先生いわく、人体は各箇所で力のかかる方向が違うそう。骨が体を支えるには、各箇所の力のかかる向きに応じて、アパタイトが正しく整列していなければならない。たとえば、立っているだけでも上下方向に力のかかる大腿骨のアパタイトは、それに応じて整列しているのだそう。ちなみに、いまからでも骨は強くできるんですか?

「できますよ。骨には、骨を壊す、骨を作る、力を感じるという3つの細胞があり、力を感じる細胞の指令により、骨を作り変えます。歯と違って、骨の組織は成人の場合、2年程度の周期で入れ替わります。ですから、日々カルシウムを摂り、適度な運動で骨にどんな力がかかるかを教えれば、アパタイトが正しく整列して強くなるんです」(同)

イープラスのキャンセル待ち
牡丹の話 牡丹の花と牡丹鍋

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。