壊れるのは一瞬

壊れるのは一瞬
信頼関係は築くには時間がかかりますが、壊れるのは一瞬です。この記事を読んだ方は今日からすぐにパートナーの携帯チェックをやめて、相手の携帯電話機とではなくパートナー自身と向き合うようにしてくださいね。本当に相手の隠し事や浮気を知りたいならば、パートナーときちんと向き合い、相手の言動をよく見ることです。恋人・夫婦仲相談所にも、旦那様の携帯電話の内容を毎日チェックしている様子が伺える相談もきます。

パートナーの携帯との付き合い方もちろん、「メールは夫以外からは絶対に来ない」「お互いに着信に気づいたら確認し『○○さんからメール来てるよ』と知らせあっている」など、パートナーとお互いに納得の上で、相手の携帯電話をチェックしたり、見せ合う分には全く問題はありません。

ある種の携帯依存症とも言えるかもしれません。また、ばれなければ盗み見しても大丈夫、という考え方も間違っています。たとえ旦那様に盗み見がばれていないとしても、このような夫婦の状態は果たしていいことでしょうか?また、夫の携帯電話をチェックしたことで妻は幸せになっているのでしょうか?浮気の証拠を掴むのに携帯電話が有効だとしても、浮気の証拠は携帯電話にだけ現れるわけではありません。

幸福に生きるヒント

メモリボ

パートナーとの信頼関係

パートナーとの信頼関係
「パートナーの携帯電話機とでなく、その人自身ときちんと向き合いましょう」 しかし、相手に黙って携帯電話を操作し、中身をチェックするような行為は、それが相手にばれた場合、確実に相手との信頼関係を壊します。携帯電話に振りまわされ、パートナー自身を見失ったり、二人の信頼関係を失うようなことはおろかです。最初は受信メールのチェックだけで気が済んでいたのに、次第にそれがエスカレートし、非通知の着信履歴を見ただけで「誰からのだろう」と疑心暗鬼に駆られたり、携帯電話から閲覧したサイトの履歴までも確認するようになったり、旦那様の携帯電話にふりまわされて、精神的に追い詰められてしまっているような例があります。

たかが携帯メールでパートナーとの信頼関係を失ってしまうのは大変悲しいことだと思いませんか。また、もっといえば、さらに上手な旦那様は携帯電話には安易に証拠を残さない浮気のやりかたをしているかもしれません。

信頼関係がなくなるということは愛情もなくなるということです。携帯電話を見ることで相手の行動や考えを全てわかったような気になってしまうこと自体が間違いなのです。そうすれば携帯電話の中身をチェックしなくても、自然と態度でわかってきます。

そもそも、携帯電話を盗み見されるような信用できない家庭に、安心して暮らすことなんかできませんから、外で浮気に走る、なおさら妻は携帯電話をチェックし、ますます夫の心は離れていく、といった悪いループに陥ってしまっては本末転倒です。

幸福に生きるヒント

携帯電話の盗み見

携帯電話の盗み見
民法の規定により、プライバシーの侵害による損害に対して、被害者は損害賠償請求をおこすことができるからです。それでは携帯メールの場合はお咎めなしかといえば、そうでもありません。例えば、あなたが親友に送った深刻な悩みや切羽詰った状況の真剣な相談が、会ったこともない親友のパートナーにも勝手に見られているとしたら、決して心穏やかではいられないと思います。

「手紙と同様、携帯メールの盗み見にも大きなリスクがあります」 メールの受信内容を読むことは、携帯電話の所有者であるパートナーはもちろん、そのメールの送り主のプライバシーも侵害しているのです。メールでなく、紙の手紙に関しては、刑法第133条(信書開封)に「正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。では、パートナーの携帯電話について、どのように考えればいいのでしょうか?。

他人宛の手紙を勝手に開けた場合は法律上、罪になります。携帯電話の盗み見によって被害を受けるのは、決してその所有者だけではないことを、常に念頭に置かなくてはいけません。

パートナーの携帯電話を盗み見するのは法律上罪なの?恋人や夫などパートナーの携帯電話を盗み見た場合に関しては、現在の刑法では規定がありません。そして、ここで考えなければいけないのは、携帯電話の盗み見によって誰のプライバシーを侵害しているか、という問題です。

幸福に生きるヒント

怪しい行動や浮気の証拠探し

怪しい行動や浮気の証拠探し
無断で見た相手は、「お付き合いしていた、もしくは現在している人」が55.8%で最多。ネット上に公開されているリサーチ結果をいろいろ見てみると、同じような携帯電話の盗み見に関する調査は、あちこちで行われています。様々な調査から見る、携帯電話盗み見の実態やや古いデータになりますが、「All about Life」“My Opinion”2004年の調査で「パートナーの携帯電話の着信履歴を盗み見したことがある」という経験について調べたものがあります。

10代の若者ならいざ知らず、常識をわきまえ、社会的責任を自覚し、分別ある立派な大人のはずのこの年代でこの高率・・・!回答者数の母数が明らかにはされていないので軽率には語れませんが、私はこんなに「YES」が多いのかと驚きました。たとえば2007年5月にMMD研究所がおこなった「携帯セキュリティに関する実態調査」では10代から50代までの約4100人からの回答が集まりました。この結果を見て、みなさんはどう思われますか?回答者はオールアバウトの読者ですから、おそらく20−40代が中心。

「パートナーの携帯電話を見たことがあるのは女性の方が多い」 結果は上記の問いに対して「YES」が40.5%、「NO」が59.5%。見た内容は、「メール受信内容」が74.5%、「メール送信内容」が54.9%、「電話帳」が43.1%、「発着信履歴」が39.3%、「画像・動画」が33.6%となっています。次いで「知人/友人」が19.8%になっています。

どうも女性の方が、携帯をチェックする機会が多いようです。漠然と「どんな連絡先が登録してあるのか、電話帳をチェック」というよりも、具体的に、怪しい行動や浮気の証拠探しなどの目的を持って、特定のメールを開き、受信内容を読んでいる様子が伺えます。それによると「他人の携帯電話内の情報を無断で見たことがあるか」という問いには、男性の18.3%、女性の30.0%が「見たことがある」と回答。

幸福に生きるヒント

夫婦や恋人の携帯電話

夫婦や恋人の携帯電話
夫が家にいるときにかかってきた電話は気になるが、外だと「仕事先からかかってきた」と思いがちだそうです。そこで今日は夫婦や恋人の携帯電話を見てしまう心理とそのリスクについて考えてみたいと思います。心の縄張り意識が環境によって変化するということです。

妻にとっては「おうち」は縄張り。結果、家では気になり、外では気にならない。夫の携帯電話を盗み見たことがありますか?パートナーの携帯電話は気になるもの私の主宰する恋人・夫婦仲相談所には、毎日たくさんの夫婦・恋人仲に関する相談がきます。

家で夫にメールや電話の着信音が鳴った場合と、レストランで鳴った場合の意識の違いが再現ドラマ化され、妻の反応が違うことを示していました。しかも相手の合意の上で見るのではなく、相手に隠れて盗み見する例が大変多くなっています。中でも浮気に関する相談は、寄せられる相談数の常にトップ3には入っています。

『明日使える心理学!テッパンノート』(毎日放送)でも「夫や恋人のメールをつい見てしまう原因」がスタジオトークされました。「パートナーの携帯電話をチェックしたことはありますか?」 その中で目立つのが「妻の行動が怪しいので着信履歴をチェック」「旦那様の携帯を見たら浮気の証拠が・・・」「元カノに、今でもこんなメールを送っているんです・・・」などと、携帯電話を見た話。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。